トイレットペーパー盗難

トイレットペーパー盗難

「トイレットペーパーの盗難が相次いでいます。備え付けのトイレットペーパーは、お持ち帰りになりませんようお願いいたします。」という文言を、公共性の高いトイレで良く見かけます。

ペーパーの巻きの横部分に、マジックで店舗名を書いていたりするときもあります。

よっぽど警戒しているのね。

パチンコ屋のトイレでも良く見かけますが、「それって想定内の被害でしょ」と思ったりもします。

イケナイコトですよ、それはわかります。

あってはならないことですよ、ハイ。

しかし、よっぽど負けた人が、腹いせにしてるのじゃないの?と思うのです。

「悪質なイタズラは、器物破損で警察に届けます。」などと書いてある時もあります。

壁でタバコを擦りつけて消した跡や、便座が叩き割られている写真が貼られていました。

これは絶対に腹いせですな!

トイレットペーパーを持って帰ってしまうのは、「少しでも取り返す」ココロイキなのかもしれません。

「どうやったこんなに汚せるの?」という汚れ方をしたトイレの個室も見ました。

これが腹いせかどうかはわかりません。

もしかすると「大変暴れん坊のお尻の持ち主」かもしれませんから。

いや、それはないかな!腹いせだね。

品性としては、とても下劣な行いなのですが、パチンコ店の被害としては「さもありなん」と。

パチンコ店の被害を「わからないでもない」ワタクシですが、不思議なのは有料道路、高速道路とかですね、あのパーキングエリアのトイレでも、その文言を見るということです。

少なくとも高速道路の利用者は、「有料」を覚悟して利用しているのですよね。

下道を通っても目的地には着くのに、お金を払って通る道中をチョイスしている。

その余裕が、その時点であるわけです。

トイレットペーパーをケチらなければならない生活者が、果たして高速道路を通るのだろうか、そこです、疑問は。

なんでトイレットペーパーなんか盗むの???とね。

高速道路通らなきゃ、トイレットペーパー買えるじゃない?

友人にその話をすると、「そういうチョット盗みってのは、癖なんよ。」といいました。

「万引きも、なかなか治らないっていうじゃない?愉快犯に近いんじゃない?盗まずにはいられない。」

「へ?じゃあよ、使わないの?そのトイレットペーパー持って帰って。。。」そう訊くと、

「使うでしょうよ。盗んだらタダのものにお金を使うのが、勿体無いと感じてしまうクセが、ソコでも付いてしまってるんじゃないの?」と。

「どっちにしても、なんか盗まずにはいられないんでしょうよ。

連続放火魔が、もうバレそうだってときにもしてしまう心理と、似てるんじゃないの?」と、そう言われれば、なんとなく納得してしまいました。

トイレットペーパーの盗っ人と放火魔、罪の重さの差が歴然ではありますが、心理的には大差ない、そう思うと、心の闇がどっちに露呈するかなんてほんと、何のキッカケかわからない。

表れ方の違いってのは、どこから生まれるんでしょうね。

考え込むと、自分のことも含めて、だれでも罪なんか起こす可能性はあるってことだなと、ちょっと恐ろしくなりました。

下半身やせ

急なお客さんであわてる私

急にお客さんが来るっていう場合、みなさんはどうしていますか?

うちの長男が幼稚園に通っているために、迎えにいったときに「今日、これから遊ばない?」という話によくなります。

お客さんっていうほどではないのですが、家に来てもらうって事になるとやはりお客さんです。

遊ぶメンバーはいつも決っているために、どこのお家で遊ぶか?に関しては持ち回りというかで「じゃあ、今回は○○ちゃんの家で」という話になることが多いのです。

しかし、このような話っていうのは子供たちの気分次第なので本当に突然に決ることが多いんですよね。

うちの場合は私があまり片付けが得意じゃないために「じゃぁ、今日はお宅で」って話になるとあわてて帰らねばならないのです。

昨日も子供たちが「今日もみんなで遊びたい」と言う話になりました。

順番的に我が家に来てもらうタイミングだったので「じゃぁ、今日はうちにおいで」で言ったのですが・・・

その日は朝から何もしていなかったために「3時集合」と伝えたあとダッシュで家に帰り、あわてて部屋の掃除をしたのです。

子供たちの洋服を片付けたり、おもちゃが散らかっているのを片付けたり。

3時にまでにはなんとかなりましたが・・・終わった後はヘトヘトで大変でした。

いつも部屋をキレイにしておけばいいだけの話なんですけどね、なかなか上手くはいかないのです。

あと、困るのがお茶菓子なんですよね。

子供たちには別にスナック菓子を出しておけば喜んでくれているのですが、お母さんたちも「ちょっとお茶しようかな」ってなったときが大変です。

という時のためによくチョコ系のお菓子を自宅に準備はしているのですが、その御菓子がなくなった時に「今日はうちで遊ぼう」ってなるんですよね。

って、本当に単順に私が前もってちゃんと準備をしておけばいいだけなのですが・・・

なかなか難しいものですね。

本当に手際よく部屋を片付けたり、お茶菓子を作ってくれるお母さんたちっていうのは本当に羨ましいなって思います。

そうなりたいなって思いはあるんですが、私には本当に難しい。

これもその人自身によるってことなんでしょうか・・・・私には本当に無理なんです。

脱毛 池袋